ATMEGA328PをArduinoとして動かしてみる

f:id:moutakusan:20201220234311p:plain:w400

 何番煎じの内容だよって感じですが、ATMEGA328PをArduinoとして動かしてみました。とっても簡単でした。

 下記サイトを参考にさせていただきました。

Arduino as ISP and Arduino Bootloaders | Arduino

ATMEGA328P を Arduino として使う

Arduinoで作った回路の小型化(Arduino互換機の製作)(2) - しなぷすのハード製作記

回路を作る

 Arduino UNO R3のオリジナルの回路図がこちらになります。

https://www.arduino.cc/en/uploads/Main/Arduino_Uno_Rev3-schematic.pdf

 この回路図のZU4 (ATMEGA328P-PU)がArduinoとしてメインで動いています。他にICはU1,U2,U3が乗っていますが、それぞれ12V->5V変換IC、5V->3.3V変換IC、USB->Serial変換ICであり、純粋にArduinoとして動かす分には不要です。
 というわけで、今回作るArduino互換機の回路はこんな感じにします。

f:id:moutakusan:20201213162110p:plain
Arduino互換機 回路図

 ブレッドボードに乗せるとこんだけ。(動作確認目的なので、C2とSW1は省略)

f:id:moutakusan:20201220234311p:plain
自作Arduino互換機
 

Arduino bootloaderを書き込む

 ATMEGA328PをArduinoとして動かすにはArduinoのBootloaderを書き込む必要があります。
 手元にProMicroがあるので、こちらを使って書き込みをしてみようと思います。

 まずはProMicroにBootloader書き込み用のスケッチ(Arduino ISP)を書き込みます。

f:id:moutakusan:20201220163522p:plain
Bootloader書き込み用のスケッチ
 次にProMicroとブレッドボードで作ったArduinoの回路とを下表のように接続します。念のため接続はProMicroにUSBを接続していない状態で行います。

信号 ProMicro Pin名 Arduino(ATMEGA328P) Pin No.
電源 VCC 電源
GND GND GND
SCK 15 19
MISO 14 18
MOSI 16 17
RST 10 1
               ※基板上に印字されているピン名

f:id:moutakusan:20201220180553p:plain
ProMicroを接続したところ (右上のLEDマトリックスは何かの残骸)

 最後に”ツール”タブの”ボード”と”書き込み装置”でそれぞれ”Arduino UNO”と”Arduino as ISP(ATmega32U4)”を選んでから、”ブートローダーを書き込む”をクリックし書き込みを実行します。

f:id:moutakusan:20201220170312p:plain
ボードと書き込み装置を選んでからブートローダーを書き込むを実行

 これでATMEGA328PはArduinoになりました。

スケッチを書き込む

 ATMEGA328Pへのスケッチの書き込みには外付けのUSB-Serial変換器を使用します。今回は秋月電子通商さんのモジュール基板 AE-UM232Rを使用しました。

akizukidenshi.com

 接続はArduino UNO R3の回路図を参考に次のようにつなぎます。RST端子への接続は100 nFのコンデンサが間に入ります。(AE-232R→コンデンサ→ATMEGA328Pの接続になります。)

信号 AE-UM232R Pin No. Arduino(ATMEGA328P) Pin No.
電源 14 電源
GND 7 GND
Tx→Rx 1 2
Rx←Tx 5 3
RST 2→100nFコンデンサ 100nFコンデンサ→1

 接続すると、普通のArduino UNOのようにスケッチの書き込みができます。

 試しにATMEGA328Pのピン19にプルダウン抵抗とLEDを接続してLチカのサンプルプログラムを書き込んでみると、問題なく動きました。

f:id:moutakusan:20201220234030g:plain
自作Arduino互換機でLチカ

 今回作った構成だと1セット当たり300円しないくらいなので、何かをつくったときに気軽に組み込めますね。

 今回はこれでおわりです。




 おしまい。